24時間振込可能なネットキャッシングはメンテナンス時間に注意が必要です

web上で現金取引をする人

ネット型も24時間振込可能に

ネットキャッシングが24時間に
かつては口座指定先である金融機関の営業時間内でしか振り込みに対応出来なかったネットキャッシングですが、近年では24時間振り込み可能な業者も数多く登場しています。

 

本記事では24時間対応のネットキャッシングやその利用上の注意点についてご紹介します。

 

24時間利用可能となったネットキャッシング

 

ネットキャッシングはWEB上の手続きのみでキャッシングに関する手続きが完了する点、そして手続き終了後すぐにお金を指定口座に振り込んでもらえる点から多くの方に利用されていました。
しかし同時に、ネットキャッシングには指定口座元である銀行の営業時間外における振り込みは翌営業日以降に持ち越されてしまう、といったデメリットも存在していました。

 

しかし現在では、ネットキャッシングであっても24時間365日振り込み手続きに対応可能な業者が増えています。
これにより、ネットキャッシング元ローン会社の提携先である金融機関の銀行口座を持っていれば、曜日・時間に関わらず振り込み手続き完了からわずか数秒でお金を口座へ振り込んでもらう事が可能となったのです。

 

その結果、深夜帯における借り入れ・返済手続きが自宅から簡単に出来る様になった事でネットキャッシングの利便性が更に向上し、今まで以上にネットキャッシングに対する人気が高まることとなりました。

 

メンテナンス時間には注意が必要

メンテナンス時間を表した画像

この様により一層使い勝手の良くなったネットキャッシングですが、例外的に振り込みが不可能な時間帯が存在します。
それは、各金融機関やセキュリティ会社がシステムの定期メンテナンスを行う時間帯です。

 

このメンテナンス時間中は、残高照会や振り込み・返済手続きといったネットキャッシングに関する一切の手続きを行う事ができなくなってしまいます。
定期メンテナンスの実施日や時間帯についてはローン会社の公式HPや専用アプリ上で告知されていますので、支払予定日がメンテナンスの時間帯と重ならない様に事前に確認しておく必要があります。

 

また定期メンテナンス以外にも、システムの臨時メンテナンスが不定期的に行われる場合があります。
こちらに関しても通常のメンテナンスと同様に実施の数日前にメール等で通知が来る仕組みとなっていますので、ローン会社からのお知らせはこまめに確認する様に心がけましょう。

 

まとめ

 

時間と場所を選ばず、24時間いつでもネット経由でお金を振り込んでもらえる点はネットキャッシングの大きな強みとなっています。
特に提携銀行口座への振り込みであれば、振り込み手続き完了からわずか数秒で振り込みが完了する様なケースも珍しくありません。

 

加えて、24時間対応のネットキャッシングであれば夜遅い時間に自宅からでも返済手続きが行えるので、金融機関に足を運ぶ時間が無い方でも余裕を持って利用する事が出来ます。
WEB上での借り入れ手続きも非常に簡単なので、ネットキャッシングに興味のある方は一度ご利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事:ネットバンクとネットキャッシングの違いとは